OPEN JAPAN PROJECT / 山加荻村漆器店

02

朱塗 牡丹蒔絵 五段重 5 Layered Boxes with
peony pattern

W300×D300×H500
  • 02_a
  • 02_b
  • 02_c

これは高蒔絵で牡丹を描いた重箱です。鮮やかな朱色が目を引く作品です。そのお重に更に、大きく一輪の牡丹が厚みを持って浮かび上がるように描かれ存在感を増しています。

高蒔絵とは、文様部分の漆を盛り上げて浮き彫り状に表現する技法です。

重箱は、正月などの行事の際に料理を詰めておく容器です。「めでたさが重なるように」との願いから段重ねの重箱をつかうと言われています。五段重は二段と三段に分けて使われる場合のため、蓋が2つ付いています。

牡丹は5月頃開花する花。
古人の言葉「牡丹は花の富貴なるものなり」という言葉にあるように、「富貴」の象徴とされます。

This is a Zyubako decorated with a flower pattern of peony in the style of Takamakie. The vermiliom color is brilliant. The big peony pattern is also to be reckoned with.

"Takamakie" is a technique. We heap up patterns with lacquer to accent them.

"Zyubako" is similar to bento box. It is mainly used in such events as New Year. It is said that we use it because we wish to us have much hapiness. Five-layered boxes are divined into three-layered boxes and two-layered boxes. So this products have two lids.

Peonies bloom in May. According to an old saying, "A peony represents rich and noble." So peonies regard as rirch and noble.

¥ 864,000 (税込)
CONTACT

* この商品のご購入については、こちらのボタンよりお問合わせください。

* Sorry, we don't have online shop page of this item. Please click "CONTACT" button.

Sold Out

ENTRIES