OPEN JAPAN PROJECT / 山加荻村漆器店

19

錫縁文庫 菊絵付 Letter Box - "Chrysanthemum"

W260×D340×H110
  • 19_a
  • 19_b
  • 19_c

これは肉合研ぎ出し蒔絵で菊を描いた文庫です。菊の厚みや影が表現され奥行きを感じます。花弁一つ一つまで肉薄して描かれ、今にも散りそうな瞬間を捉えています。華やかさの中にも侘しさを覚えます。

肉合研ぎ出し蒔絵とは、高蒔絵と研出蒔絵を合わせた技法です。文様の一部を浮き彫り状に盛り上げた上で、器面全体に漆を塗りかぶせ、木炭で研ぎ出します。

文庫は、書籍や紙筆などを入れておく箱です。

菊は秋の花。皇室の紋にも用いられ、品位や品格の象徴であり、高貴な文様とされます。

This is a Bunko decorated with chrysanthemum in the style of Shishiaitogidashimakie. The thickness and shadow of the chrysanthemum make it look three-dimensional. The chrysanthemum is gorgeous.

"Shishiaitogidasimakie" is a technique which combine "Takamakie" and "togidasimakie."

"Bunko" is used for storing books, paper, and pen.

Crysanthemum bloom in autumn. They represent as dignity and grace, so we regard designs of this flower as noble designs.

¥ 480,000 (税込)
CONTACT

* この商品のご購入については、こちらのボタンよりお問合わせください。

* Sorry, we don't have online shop page of this item. Please click "CONTACT" button.

Sold Out

ENTRIES