OPEN JAPAN PROJECT / 山加荻村漆器店

26

巣山元久作 乾漆 水差 Rinsing Bowl by SUYAMA Motohisa

W190×D190×H200
  • 26_a
  • 26_b
  • 26_c

これは、紙縒りに漆を塗って作った水差です。紐の質感が見ても触ってもよくわかり、素材の良さが漆によって見事に維持されています。紐の結び目の部分がところどころ表面に残っている点においても、乾漆という手法の奥深さを感じられます。

乾漆とは、麻布などを漆で張り重ねて素地をつくる技法です。

水差は、茶道具の一種で、お湯を足すための水を入れておく容器です。

This is a Mizusashi which is made from twisted paper. You can feel the unique texture that was made in the style of Kanshitsu.

"Kanshitsu" is a technique. We layer linen with lacquer. We use this technique to make a foundation.

"Mizusashi" is one of the tea sets. It is a vessel used for holding water.

¥ 400,000 (税込)
CONTACT

* この商品のご購入については、こちらのボタンよりお問合わせください。

* Sorry, we don't have online shop page of this item. Please click "CONTACT" button.

Sold Out

ENTRIES