OPEN JAPAN PROJECT / 山加荻村漆器店

38

南瓜 喰籠 Jar - "Pumpkin"

φ180×H105
  • 38_a
  • 38_b
  • 38_c

これは乾漆で南瓜を模した喰籠です。本物そのままのような南瓜の形に、漆塗りの美しさが加わり、意外性がつまった作品になっています。お菓子を入れて置いたり、小物入れとして使ってもいいですね。

乾漆とは、麻布などを漆で張り重ねて素地をつくる技法です。

喰籠(じきろう)とは、茶道具の一種で、濃茶をいただく時の主菓子を入れる容器です。

南瓜は日本では夏から秋にかけて収穫しますが、冬でも保管することができ、無病息災を願い冬至に食べる習慣があります。

This is a Zikirou shaped like a real pumpkin in the style of Kanshitsu. You can put snacks or small articles in it.

"Kanshitsu" is a technique. We layer linen with lacquer. We use this technique to make a foundation.

"Zikirou" is one of the tea sets. It is a vessel used for saving sweets provided with koitya.

pumpkins are harvested from summer to autumn. But we can preserve them in winter, so we are in the habit of eating them in winter solstice to hope that we are in sound health.

¥ 145,800 (税込)
CONTACT

* この商品のご購入については、こちらのボタンよりお問合わせください。

* Sorry, we don't have online shop page of this item. Please click "CONTACT" button.

Sold Out

ENTRIES